自分で処理する

トイレのつまりが起こってしまったら、そのつまりがどのような物なのかをしっかりと把握する必要があります。従来通りホームセンターなどで購入する事ができる液体タイプのトイレのつまりを溶かして解消するような商品で対処する事が出来るのか、それとも自分では処理しきれないような状況なのかをしっかりと把握するのがとても重要になってきます。

自分で処理できる場合には、自宅にある物で先ずはつまりを解消するように努力して行きます。最も身近にあってトイレのつまりを解消するのにおすすめなのがお湯です。沸騰しているようなお湯の場合には、トイレのシンク自体を損傷して割ってしまう可能性もありますので、およそ50度程度がおすすめです。

熱めのお風呂が41度から43度程度ですので、指先をお湯に入れているとじりじりと熱くなってくる程度が50度の目安になってきます。50度のお湯をトイレに注いで1時間程度おいた後に流すと冷えて固まった汚れを浮かして流れるようになります。直ぐに温度が冷めてしまう場合には、その都度お湯を追加するようにしてください。個人で処理できるレベルの水のつまりでしたら、お湯である程度対応する事ができます。また、重曹やお酢を加えるとさらに効果がアップしますので自宅にある場合には追加してください。